上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は7月7日、『七夕七夕ですね。
日本の風習である節句のひとつです。

私も小さいころさとと-幼稚園女の子は、笹に願い事を書いた短冊を下げたりしてましたが、
最近はいつの間にか過ぎ去っている行事でちょっと寂しいです号泣

皆さんは、七夕はどのように過ごされますか・?
小さなお子さんのいるお宅では、
「たなばたさま」の歌声が響いてるかもしれませんね。

ちょっと気になる「音符七夕さま」の歌詞

 笹の葉さらさら 軒端(のきば)に揺れる
 お星様きらきら 金銀砂子

 五色の短冊 私が書いた
 お星様きらきら 空から見てる



2番に「五色」の短冊という歌詞があります。
小さい頃に見た短冊はいろんな色があったような・・・。

この「五色」がどんな色か気になりませんか?



調べてみると・・・中国の五行説から来ているようです。

「黒」 :宇宙
「赤」 :さそり座の1等星アンタレス
「白」 :天の川(銀河)
「黄」 :彦星(わし座のアルタイル)
「青」 :織姫(こと座の1等星ベガ)



さらに五行説の色にはこんな意味があるようです。(Wikiから抜粋)

黒→「水」
木の花や葉が幹の上を覆っている立木が元となっていて、樹木の成長・発育する様子を表す。「春」の象徴。
赤→「火」
光りく炎が元となっていて、火のような灼熱の性質を表す。「夏」の象徴。
白→「金」
植物の芽が地中から発芽する様子が元となっていて、万物を育成・保護する性質を表す。「季節の変わり目」の象徴。
黄→「土」
土中に光りく鉱物・金属が元となっていて、金属のように冷徹・堅固・確実な性質を表す。収獲の季節「秋」の象徴。
青→「木」
泉から涌き出て流れる水が元となっていて、これを命の泉と考え、胎内と霊性を兼ね備える性質を表す。「冬」の象徴。


何やら難しいことが書いてありますが困った。
四季の変化は五行の推移によって起こると考えられていたんですねrainbow

パーソナルカラーもそうですが、
「四季:春夏秋冬」は誰にでも身近な言葉なんですね
顔 ニコ



短冊の色は、青、赤、黄、白、浅黄、紫の五色が一般的だそうですよ
キラキラ

今年の七夕は子供の頃を思い出して、
五色の短冊に願いを書いてみてはいかがですか・?
雰囲気を盛り上げるために、パーソナルカラーの浴衣を身につけて、
夜空を眺めてみてもいいかもしれませんね星


日本文化を「色」で楽しんでみるのもなかなか素敵ですよグー!




イメージコンサルタント 三島 美樹


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
1日1クリックで本ブログの応援もよろしくお願い致します。
 にほんブログ村 ファッションブログへ 人気ブログランキングへ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。