上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さんは、お店に行って洋服を選ぶ時に、
「似合わないなぁ・・・着られないなぁこんな色号泣
なんて思ったことはありませんか・?

30代前半ぐらいの方であれば、「似合わない色」なんて
さほど感じたことがないかもしれません。
若いころは、肌もきれいで何でも似合ってしまいますから音符


しかし・・・



35歳を過ぎ、アラフォー世代に入った頃・・・
 あれっ?、着られないなぁと思う色がチラホラと出てくる普通。

40歳を過ぎた頃・・・
 手に取ることもない、あきらめてしまう色が出てくる困った。

45歳を過ぎた頃・・・
 完全に色に迷い始め、同じような地味な色ばかりになる困った。

50歳を過ぎた頃・・・
 色選びをあきらめて、ファッションにすら興味が薄れてくる汗;;

60歳を過ぎた頃・・・
 完全にあきらめてしまい、おしゃれをしなくなってしまう汗;;



似合う色を知らないままだと、
いつの間にかファッションから遠ざかってしまうのです落ち込み



私の母も60歳を過ぎて、
黒や茶色といった地味な色ばかり選んでしまうようですkao06

でも私が生まれたころの写真カメラを見ると、
色彩豊かな明るい色の洋服で映っているものがたくさんあります笑顔
70年代でオイルショックガーン2や節約意識の高まった頃で
クローバーナチュラルカラーやあーす(背景なし)アースカラーが流行している時期でしたが、
写真で見るアラサーの母は、しっかりおしゃれを楽しんでいました笑い。



似合う色・・・パーソナルカラーを知らないままだと、
誰もが歳を重ねるとともに『色』で迷ってしまうのです
落ち込み


パーソナルカラーは一生変わることはありません
ファッションに迷ったり、あきらめたりしている方は、
ご自分のパーソナルカラーを知ることをお勧めします星

80歳になっても着られるピンク色があなたにもあるのですグー!


そんなパーソナルカラーにパーソナルデザインを加えれば、
さらにあなたが持っている輝きを引き出してくれます。
rainbowイメージコンサルティングは、ファッション迷い病の
最高の特効薬薬 pkkかもしれませんよ。





イメージコンサルタント 三島 美樹


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
1日1クリックで本ブログの応援もよろしくお願い致します。
 にほんブログ村 ファッションブログへ 人気ブログランキングへ

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。