上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パーソナルカラー・・・実はいろんなところに役に立ちます。
知っていて損はありませよ。





先日、友人と一緒にベトナム料理を食べに行ってきました。
名古屋では有名なアンナンブルー

香草の効いたお野菜たっぷりの料理ばかりで、ついつい食べ過ぎてしまいましたが、とっても満足なディナーになりました


そのお店で気がついたこと。

インテリアの色…すべてが彩度が低いこと

明度や色相は様々ですが、すべて低彩度(くすんだ色)でまとめられています。
全体の調和が取れているので、落ち着いた、安らげる空間になっています

このお店では、店員さんがベトナム民族衣装のアオザイを着用されています。これも落ち着いた色合いばかりでした。
(もしかしたら、偶然??)

こんなに安らげる空間だとのんびりしすぎて、ついついおしゃべりも弾んでのんびりしてしまいますよね


帰り際に店内で見つけた電磁調理器(IH調理器)。
コーティングされてツヤのある「黒」だったので、すぐに目に留まりました。
調和の取れた空間の中で不釣合いな色・・・浮いていたからでしょうね



色の組み合わせ=配色には禁じ手のような「やってはいけない」というものはありません。

しかし、彩度の高い色を集めればにぎやかに感じたり、彩度の低い色を集めたら落ち着いた印象になったり・・・与える印象は変わってきます
配色の調和が崩れれば、良い印象だけでなく、悪い印象を与えてしまう場合もあります。

配色は勉強すれば簡単に良い印象を与えるようにすることはできますが、そうでないと難しいことだたりもします。


そこで活用できるのが、パーソナルカラーのグループ分類

パーソナルカラーはファッションに利用することで、肌につやが出たり、目が輝いたりして、あなたを健康的でイキイキと魅力的に見せる効果があります。

元をたどれば、グループの中は、配色しやすい色が集められています
4シーズンの分類を活かせば、カラーコーディネーターほど勉強しなくても、調和の取れた配色ができてしまいます。
さらに基調色・強調色が分かればもっと配色を楽しむことができますよ。

パーソナルカラーは自分のファッションだけでなく、
・インテリア/エクステリア
・プレゼントのラッピング
・お子さんの洋服コーディネート
他にもいろんなことにも応用することができます。

イメージコンサルティングの最初には、色やパーソナルカラーについても簡単に勉強していただきます。
グループ分けに基調色と強調色。難しく思うかもしれませんが、診断が終わって帰る頃には、カラーコーディネーターの気分になれます

コンサルティングを受診することは、似合う色も分かって、配色上手にもなれて、一石二鳥なんですよ



イメージコンサルタント 三島 美樹


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
1日1クリックで本ブログの応援もよろしくお願い致します。
 にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ 
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。