上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「着られない・・・」と思っていた洋服も
工夫次第で、ステキなアイテムに変身してしまいます。





今月開催した「誰でも簡単! パーソナルデザイン講座」では、
お客様からのお悩み相談に個別対応もさせていただきました


その中で、「キュート・タイプ」のお客様から頂いたお悩みです。

 「デザインが気に入って買ったパンツ。

   これが似合わないんです・・・。何とか着ることはできませんか


と、持ってきてくださったパンツは、
ひざ下丈ぐらいのガウチョパンツ(所謂、キュロットスカートです。)

背が低めのお客様なので、履くと七分丈ぐらいになってしまします



キュート・タイプのお客様にとっては、
パンツでもスカートでもひざ下の長さは着こなしが難しくなります

身長とパンツの長さのバランス(割合)が悪く、
ガウチョパンツのようにすそが広がっていると、
見た目の重心がパンツの『すそ』まで下がってしまいます。
そうすると、実際より足が短く見えてしまったりしてしまいます

きっと、ひざ上の丈なら、間違いなくキュートらしく、
小粋な感じに着こなせるでしょう




しかし、残念なことに、お客様がお持ちになったのは、
すそを上げてしまうと、『良さ』を消してしまうデザインのパンツ。

そこで、キュート・タイプでも長めの丈を着こなす方法。


見えている足をすらりと長く見せること

つま先の浅い靴、つまり足の甲が多く露出する靴を選びましょう。
足と甲がつながって、より足が長く見えます。
パンツ下から見える足を長く見せるようにしましょう。


見た目の重心をできるだけ高くすること

ちょっと高めのヒールを履けば、自然と重心が高くなります。
しかし、履き慣れない高い靴は危ないので、ほどほどに。


トップスの重心を下げないこと

トップスもお尻を隠すほど長い丈のものを選んでしまうと、
見た目の重心がさらに下がり、バランスが悪くなります。
首に近い方に個性的なデザインがあると良いかもしれませんね。


キュート・タイプに限らず、ボトムが重たく感じたら、
これらの着こなし方法を試してみてくださいね



「着られない・・・」と思っていた服も、
使い方次第で、普段着に使えるようになったり、
コーディネート次第で、勝負服になるかもしれません

似合う色と似合うデザインが分かっていれば、
「着られない洋服」のコーディネートは決して難しくありません。


実は、お客様の個性が分かっていれば、
私も簡単にアドバイスができてしまうんです。


「着られない・・・」と悩む服が増えてきたら、一度、ご相談くださいね




イメージコンサルタント 三島 美樹


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
1日1クリックで本ブログの応援もよろしくお願い致します。
 にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ 
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。