上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とっても鮮やかでキレイな赤色。
これを「明るい赤」と表現してしまいませんか?





パーソナルカラーを識別するのににちょっと厄介になるのが、「彩度」

これは「くすんでいるの」「鮮やかなの」と言う質問をよく受けます。
当サロンのお客様も「彩度」を理解することが少し難しいようです


まず、良くある勘違い・・・

「明るい色」と言うと、原色の赤や青・・・『鮮やかで派手な色』を
想像してしまうのだそうです。



色彩学的に言うと「明るい色」=「明度が高い色」のこと。
つまり、「薄い色」のことを指します。

そして、「鮮やかで派手な色」=「彩度が高い色」のこと。
「鮮やかで、クリアな色」のことを指します。


言葉で表現するのは、難しいですね・・・
(もっと分かりやすい表現ができればいいのですが・・・)



パーソナルカラー分析中には、ドレープの色を説明する時に
「明るい色」という表現はよく使用します。

そこで、コンサルティング時には、パーソナルカラー分析に入る前に
色の基本(有彩色/無彩色、色の三属性etc)を理解頂き、
各シーズンの特徴を知ってもらうようにしています。

もちろん、「明るい色」の勘違いがあることもお伝えします。


その方が、パーソナルカラー分析時に
お客様も似合う色を理解しやすくなります


色のことが分からないから、勉強をしたことがないから・・・
と、諦めることはありません。

パーソナルカラー分析の結果をもとに似合う色を探し出すには、
必要最小限の知識でOKなのです。

コンサルティング時にも色を探し出すために必要なことは、
しっかりお伝えしています
もちろん、受診後に質問いただいても大丈夫ですよ



「明るい色」=「薄い色」=「明度の高い色」

「鮮やかな色」=「彩度の高い色」


このことに注意して、色選びを楽しんでくださいね




イメージコンサルタント 三島 美樹


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
1日1クリックで本ブログの応援もよろしくお願い致します。
 にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ 
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。