上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パーソナルカラーを診断してもらったんだけど・・・
お買い物に行っても、洋服が変えないんです。





またまた、コンサルティングの見学に行ってきました。
今回は、母娘2名のコンサルティングです

母娘ともに数週間前にパーソナルカラー診断を受けたばかり。
でも、二人にはこんな悩みが・・・


どんな色が似合うのか分からない・・・

買い物に行っても、似合う色が全く見つからない・・・

似合うデザインがどんなものか分からない・・・

似合う色を買ってみたものの、似合っているのか不安・・・


私のところにいらっしゃるお客様にも
同じような悩みを持っていらっしゃる方は、少なくありません
お金をかけて受診しても、診断結果を活かせなければ
全く無駄ですよね



どんな色が似合うのか分からない・・・

お嬢さんは、「春・秋の中間」と診断されたそうです。
「いったいどんな色」と、こちらが聞きたくなってしまいます

きっと診断したアナリストがどちらが似合うか判断できなかったのか、
それとも、このような診断方法があるのかもしれません。

パーソナルカラーは必ず“ひとつ”に絞られます。
若いため、今は春も秋も似合っているかもしれません。
年齢を重ねれば、どちらが似合うか・・・その差は歴然です
プロの目なら、しっかり判断できて当然です


買い物に行っても、似合う色が全く見つからない・・・

よくいらっしゃるのは、診断されただけで、
似合う色の見本もなければ、その場で説明もないパターン

今回のお客様は、約10数色の色見本(布製)をお持ちでした。
でもお母さま曰く、
「この見本と同じ色が見つからなくて・・・」

見つからないのは、当然です。
見本は、あくまでも代表色。他にも似合う色はたくさんあるのです。

せっかくの色見本も使い方が分からなければ、
宝の持ち腐れですね。



似合うデザインがどんなものか分からない・・・

パーソナルカラー診断では、色の診断だけの場合もあります。
しかし、そのシーズンの色のイメージを教えてくれたり、
そこから、似合うファッションデザインを教えてくださるところもあります。

これは「色」のイメージであって、デザインのイメージとは別の話。
その方の体型や雰囲気に合わせたものではありません

似合うデザインをカバーするには、「パーソナルデザイン」が不可欠です。


似合う色を買ってみたものの、似合っているのか不安・・・

これまでの状況を踏まえれば、不安なのは当然です。
パーソナル診断を受けたのに、説明不足のために悩みを増やしてしまい、
買い物が不便で、楽しくなくなってしまいますね。



実際に、お嬢さんは「春」と思って買ったセーターを着ていらっしゃいました。
でもそれは、「夏」のピンクベージュでした
決して判断に迷う難しい色ではありません。
色見本の使い方を知っていれば、きちんと選べたはずです。

さらに診断の結果は、春でも秋でもなく、ブルーベースの「夏タイプ」

間違って買ったはずのピンクのセーターも、本当は似合っていたんですね。
プロの目より、お客様の目のほうが似合う色を診断できていたなんて・・・
悲しい結果ですね・・・


きっと、今回の診断をきっかけにお買い物が楽しくなるはずです
お二人ともキラキラに輝いたまま笑顔で帰られました。



皆さんの中にも、パーソナルカラーを知っているよ
って方は多くいらっしゃると思います。
でも、この母娘と同じような悩みを抱えていませんか

宝の持ち腐れにしているのなら、もったいないですよ。
あなたをキラキラに輝かせる色とデザインを活かしてみましょう


分からないことがあれば、いつでもご相談くださいね




イメージコンサルタント 三島 美樹


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
1日1クリックで本ブログの応援もよろしくお願い致します。
 にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ 人気ブログランキングへ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。