上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンセルの他にも色の表示方法がありましたね。
その表示方法からPCCSへ変換できるようにしましょう。





受験をされている皆さんの中には、
学生さん、お仕事をされている方、主婦の方・・・
いろんな方がいらっしゃると思います。

私は、お仕事+主婦の生活の中で、受験をしました。
なかなか勉強する時間を見つけるのは難しい生活でした落ち込み

私なりに勉強を進めていくために、仕事が終わってから、
「19時から21時までは必ず勉強する」と決めていましたファイト

食事は、勉強のあと何ですが、すぐに作って食べられる鍋ものや、
休日におでんを3日分ぐらい作っておいたりしました笑

そして寝る前に時間があればまた勉強羅琉 ニヤリ


この方法を1ヶ月ちょっと続けて、合格することができました。

ストレスをためないためにも、程よく自由な時間や趣味の時間も過ごしつつ
受験勉強を進めるのもいいですよ
rainbow

休日に一気にやっても効率はよくありませんよ。
そのためにも毎日コツコツやることをお勧めします。




----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----


さて、今回はオストワルト表色系からPCCSへの変換です。
これもオストワルトの基本を復習して、覚えてしまいましょう。


■基本色相変換
オストワルト-PCCS変換
基本色相8色相を覚えておきましょう。


■無彩色段階の記号
W(a, c, e, g, i, l, n, p)B

「a」からひとつ飛ばしで当てはめていけばいいのですが、
「i(アイ)」「j(ジェイ)」は似ているため、「j(ジェイ)」ははずして、
当てはめていきます。
「l(エル)」からは気をつけてください。


■トーンの変換
等黒系列: v-dp-dk-dkg v-b-lt+-p+
等白系列: v-b-lt+-p+ v-dp-dk-dkg
等純系列: p+-ltg-g-dkg、 lt+-sf-d-dk
等価値系列: トーンが一致、色相番号が異なる

オストワルト等色相面
※クリックすると大きい画像が見られます。



問題分ではこのように出題されます。

例1.
オストワルト表色系の20eaに最も近似した色: p12+

例2.
「穏やかな」イメージでオストワルト表色系の色相番号は23: sf10

例3.
オストワルト表色系の等白色系に近似した配色: 
  v-b-lt+-p+ v-dp-dk-dkg




色相とトーンの変換をしっかりできるようにしておきましょう。
そのためにも無彩色段階の記号を正確に覚えておきくとも大切ですよグー!


-----*---色彩検定過去記事---*-----
1級2次対策 【第1回】PCCS色相環
1級2次対策 【第2回】PCCSトーン図
1級2次対策 【第3回】明度表
1級2次対策 【第4回】基本的な配色
1級2次対策 【第5回】類型的な配色
1級2次対策 【第6回】その他の配色
1級2次対策 【第7回】マンセルからPCCSへの変換
1級2次対策 【第8回】慣用色名からPCCSへの変換
1級2次対策 【第9回】慣用色名~変換を実践!
1級2次対策 【第10回】慣用色名~その他




イメージコンサルタント 三島 美樹


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
1日1クリックで本ブログの応援もよろしくお願い致します。
 にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ 人気ブログランキングへ
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/09(Wed) 23:50 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。