上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンセルからPCCSに変換することができるようになりましたか?
実は、もうひとつ押さえておきたいことがあるのです。




2次試験は、覚えることもたくさんありますが、
「問題を解くことに慣れる」ことが重要です。

覚えられないうちは、明度表が書けなくて問題が解けない・・・落ち込み
なんてことがあるかもしれません。

最初から試験さながら問題を解くことはありません。
明度表は正確に書いたものを見ながらでも問題ありません。
「解く」こと、「解き方のコツ」をしっかり掴んで下さいファイト

問題の読み方や条件の絞り方など、
「解く」ことも慣れていなければ、
時間内に全ての問題に取り掛かることはできません
号泣


覚えながら「解く」ことにも時間を掛けてくださいね。
いずれ、楽しくなってきますよGOOD




-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----


マンセルからPCCSへの変換がマスタできたら、やって欲しいこと。
それは「慣用色名」をPCCS色記号に変換すること。

慣用色名で色を指定してくる問題があります。
これに対応するには、
この慣用色名には、このPCCS色記号!と覚えてしまうことキラキラ

一番お手軽な方法は、
問題集に出てきた慣用色名=PCCS色記号を覚えること
最低限、これくらいは覚えておきましょう。


時間に余裕があるなら、是非やってみて欲しいこと。
それは、2級、3級に掲載されている慣用色名を
全てマンセルからPCCSに変換してみること。

変換の練習にもなりますし、対応するPCCS色記号を覚えることができます。

ただし、きっちりにPCCS記号に変換できないものが結構あります。
あいまいなものがほとんどです。
それらは、こう言うものだとサラリと流しましょう。
試験問題に出されることもほとんどありません。


試験問題で必要とされるPCCSへの変換は、
きちっとPCCS記号に変換できるものです。
安心してくださいね。


それでは、覚えておくと良いものをいくつかあげておきます。

琥珀色(8YR 5.5/6.5)
茜色(4R 3.5/11)
常盤色(3G 4.5/7)
銀鼠(N6.5)
ジョンブリアン(5Y 8.5/14)
コチニールレッド(10RP 4/12)


一度、ご自分で解いてみてください。
さぁ、正確な答えは導き出せますか?



-----*---色彩検定過去記事---*-----
1級2次対策 【第1回】PCCS色相環
1級2次対策 【第2回】PCCSトーン図
1級2次対策 【第3回】明度表
1級2次対策 【第4回】基本的な配色
1級2次対策 【第5回】類型的な配色
1級2次対策 【第6回】その他の配色
1級2次対策 【第7回】マンセルからPCCSへの変換



イメージコンサルタント 三島 美樹


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
1日1クリックで本ブログの応援もよろしくお願い致します。
 にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ 人気ブログランキングへ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。