上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、2次試験まで1ヶ月を切りました。
まだまだ、勉強できる時間はたっぷりありますよ。



先週は、PCCSの基本から配色までをおさらいしました。
こんなの簡単!笑顔って方や、ちょっと危ないかも・・・><って方まで、
いろんな方がいらっしゃったと思います。

まだまだ、時間は十分にあります。
しっかり復習をしましょう。
その後は、繰り返し繰り返し・・・で覚えることです
ファイト

問題の解き方をマスターしてくると、
条件から配色を導き出すことが楽しくなります。
そこまでくれば、もう安心ですrainbow

その域に到達するまで頑張りましょう




-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----


今回は、マンセル値からPCCS記号に変換するために
必要な知識です。
一度コツを覚えてしまえば、何も難しいことはありませんよ。


■色相変換表
マンセル-PCCS変換
※クリックすると、拡大画像が表示されます。

PCCS色相の数値をリズムで覚えましょう。
語呂合わせしても良いかもしれませんよ。
10 4 7  10 4 8  2 5 8  3 8 3 9  5 10 5 10   3 6 9  3 7 1 6

色相は、0~10までの範囲と分かっているので、
最初がRPで始まることが分かっていれば、簡単に分かりますね。
この表もテスト開始直後に書いておくとテンパラずに済みますよ。

おすすめは、24色相全てを覚えることですが、
余裕がない方は、PCCS色相の偶数番号だけ覚えるのも良いでしょう。



■明度変換
明度は、変換する必要はありません。
そのまま使用しましょう。


■彩度変換
<高彩度>
v: 10~14
b, dp: 8~12

<中彩度>
lt+, sf, d, dk: 4.5~8

<低彩度>
p+: 3~3.5
ltg, g: 2
dkg: 1.5


例えば、「 8YR 5.5/6.5 」をPCCS色記号に変換してみましょう。

まず色相は、「8YR」を変換表で見てみると、「6:rO」ですね。
明度はそのまま、「5.5」
彩度は、「6.5」であることから、「中彩度」と分かります。

そこで、先週覚えた明度表の登場です。
1級2次対策 【第3回】明度表


明度表から色相番号が「6」で、中彩度(lt, sf, d, dk)の中から、
明度が「5.5」を探してみましょう。


ちょうど、d(ダルトーン)の明度が「5.5」です。
つまり、「 8YR 5.5/6.5 」は、「 d6 」に変換できますね。
PCCS三属性表記であれば、「 6:yO-5.5-5s 」となります。

※トーンの彩度値は、ココを復習 →



いかがですか?
ここでも明度表が大事なことが良く分かりましたね。
明度表はいつでもどこでも必要な知識になりますよ。


-----*---色彩検定過去記事---*-----
1級2次対策 【第1回】PCCS色相環
1級2次対策 【第2回】PCCSトーン図
1級2次対策 【第3回】明度表
1級2次対策 【第4回】基本的な配色
1級2次対策 【第5回】類型的な配色
1級2次対策 【第6回】その他の配色




イメージコンサルタント 三島 美樹


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
1日1クリックで本ブログの応援もよろしくお願い致します。
 にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ 人気ブログランキングへ
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/10/16(Fri) 10:55 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。