上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目元メイクには、注意が必要です。
特にコンタクト愛用者の方は、要注意ですよ。





ここ数年は、目元目を強調するメイクが、
10~20代の女性を中心に広がってきていますrainbow

まぶたの内側の粘膜部分にまで
メイクをしていらっしゃる方も多いようですガーン2

しかし、このメイク方法には、落とし穴が・・・ガーン



まぶたには、「マイボーム腺」と言う皮脂腺があります。
ここから分泌される脂質成分が涙の蒸発を防いでくれています。

まぶたの内側にメイクをすることで、
マイボーム腺の脂質成分の出口がふさがれてしまうと、
ドライアイの原因になる可能性があるそうです落ち込み

また、メイク落としの際にも、
クレンジング剤がまぶたと眼球の隙間に入ってしまうことは、
とても危険なんだそうです><

こんな目の病気になってしまうかも・・・しれません。
  霰粒腫   麦粒腫   マイボーム腺梗塞


まつげの内側へのメイクコスメは控えめにしましょう。
そして、クレンジングを使うときは、コットンや綿棒を使って、
丁寧にこすり取るように落とす方が良いでしょうGOOD



さらに危険なのが、コンタクトレンズの汚染てろてろちゅうい

  ball01 手を洗わずにレンズを扱っている
  ball01 使用後のレンズは、こすり洗いしていない
  ball01 レンズをしたまま化粧を落としている

コンタクトの汚れから、目の病気になってしまうかもしれません。
ひとつでも当てはまる方は、要注意です
えっ



知覚の中でも最も多い情報量を得ていると言われているのが、
視覚=目なのです。
日常に必要な情報のうち、80%以上を
視覚から取り入れているといわれています
おおー!

そんな大事な情報源である「目」の健康を損ねてしまっては、
メイクもファッションも楽しめなくなってしまいます・・・号泣

目に優しいメイクを心がけてみてくださいねローズ2



あなたの似合う色とデザインを活かしたメイクコスメをすれば、
過剰なメイクをしなくても、ステキなあなたに変身できます星

あなたのパーソナルデザインによっては、行き過ぎたメイクが
見た目をグレードダウンおちこみさせてしまう場合もあるんですよ。

目を労わるためにも、パーソナルメイクにチャレンジしてみませんか・?

自分の似合う色やデザインが分かれば、あなたにも簡単にできます。
興味のある方は、ぜひ一度ご相談くださいね
グー!




イメージコンサルタント 三島 美樹


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
1日1クリックで本ブログの応援もよろしくお願い致します。
 にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ 人気ブログランキングへ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。