上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分に似合っている服装・・・
あなたはご存知ですか? 気になりませんか?




今回は、Yahoo!知恵袋から気になった質問をピックアップしてみました。

これから就活を控えていらっしゃる方、
お仕事でスーツを着られる方は、一読してみてくださいね
笑い。


<質問>
就活の服装について質問です。あの皆一様に見えてしまうリクルートス-ツなるものは必らず着なければならないのですか? TPOに合わせた 紺、グレー系のワンピーススーツとかではNGなのでしょうか? 個人的に、皆が揃いも揃って着用している様は よく考えると異様な気がしてきます。採用担当の方もどうやって見分けるのかな?とか、一色に染まっている志望者に疑問湧かないのかな?とか・・・『無難だから』という事だけですか? それとも何か規定で必ずリクルートスーツでないといけないのでしょうか?


<ベストアンサー>
訪問する会社や会社の人に対して失礼に当たらない服装であることがビジネスマナーとして求められます。
そう考えると、答えは簡単ですね。
訪問先の企業や企業の人に失礼にならなければどのような服装でも良いわけです。
つまり、赤や黄色のスーツであっても訪問先の企業がその人を「失礼な人だ」と思わなければ良いわけです。

ですので、まずは訪問する会社を一つ一つきちんと調べ、失礼に当たらない装いを確認し、TPOと自分に似合っている服装を選んで着ればよいと思います。
そして、その服装を選んだ責任(合否結果)を自分で取れば良いわけです。

実際には一つ一つの企業にあわせた服装を選ぶセンスや検討している余裕が就活中にある人はほとんどいませんので、無難な色と形を選んでしまうことになるわけです。

ちなみに、私が無難な服装の人(ばかりですが・・・)を面接する際に服装のどのような点を見ているのかといいますと、ワイシャツも含めて汚れやシワ、フケなどが無いか、つまり「清潔感」が中心です。
女性の場合はネクタイをしないので、襟周りにアイロンがあたっていないとよれよれになって見苦しくなります。
また、面接は服装を見る場ではなく人間を見る場ですので、充分に訓練を積んでいる面接官なら全員がまったく同じ服装でもきちんと判断できます。

それでもたまにスーツやネクタイ、ワイシャツに個性のある人がいます。
そのような人がいた場合、私は必ずその点を質問しますので、明確にポリシーを説明できなければかえって悪印象になります。
少なくとも、「他人と同じは嫌」「目立つように」など、個性と関係ない回答はしないようにしましょう。

某上場企業 人事部長





いかがでしたか・?
「そんなことは分かっているよ」とおっしゃる方もいれば、
「なるほどねぇ」と思われる方などいろいろでしょう。

当たり前のことが書かれているようですが、
ベストアンサーになった人事部長さんのコメントはとても貴重なお話ですファイト
日頃から注意しないと出来ないことですよねきら

服装を選択するのに重要なのは、次の3つではないでしょうか。

  TPOに合った服装
  自分に似合っている服装
  相手に不快感を与えない服装


この中でも「自分に似合っている服装」は、どんな感じだろう・・・・?
と悩まれる方も少なくないと思います><

あなた自身の姿は鏡越しでしか見られず、
肉眼では確認できないので当然です。



もし、悩まれているようであれば、イメージコンサルティングがお勧めGOOD

 似合う色 + 似合うデザイン = 「自分に似合っている服装」

この方程式で、あなたの魅力を最大限に引き出してくれる方法が見つかります星

ただ“個性的”と言うだけでは、あなた本来の個性を消してしまいます。
似合っている服装こそ、あなた自身をグレードアップしてくれますよ
グー!




イメージコンサルタント 三島 美樹


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
1日1クリックで本ブログの応援もよろしくお願い致します。
 にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ 人気ブログランキングへ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。