上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パーソナルカラーが「冬」という皆さん、
ビビッドな色を選んでいますか? 選べていますか?





最近、お客様から同じ内容のメールsai.leter-g
立て続けに私の元に届きました。

 「冬色…鮮やかな色が選べません。

     結局、黒尽くめになってしまいます。」


と言う、ウィンター診断を受けたお客様からのお悩みメール。


確かに鮮やかな冬色を身につけようとするとちょっと抵抗があります><
例えば、鮮やかな赤色(原色と言われるような赤色)のTシャツ・・・
普段から着慣れていない方だと、なかなか難しいですよね号泣

特に日本人はflower2夏色のようなちょっとくすんだ色を好む傾向があります。
店頭に冬色のステキな洋服を見つけても、
購入するには躊躇してしまうのは当然のことかもしれません困り顔



そんな、鮮やかな色が選択できないウィンターさんへのアドバイス笑顔きら

  「鮮やかな色は、まずはアクセントとして使いましょう。」

黒のワンピースを着ていても、スカーフや帽子、ネックレス、イヤリングetc
アクセントカラーとして、鮮やかな冬色を使用してみましょう星

やはり配色のバランスも大事です!!
ウィンターだからといって、全身「黒」でまとめてしまっては、
似合っていても“ステキ”なあなたは演出できませんよ。


ウィンターさんに似合う色は、黒だけではありません。

  「グレーも得意。白から黒までのモノトーンすべて使用OKです。」

グレーの明るさを上手に調節して、「全身真っ黒」から抜け出しましょう。
黒に白、黒に明るいグレーと言ったコントラストのはっきりした配色も
ウィンターさんならではの得意技です
GOOD


まずは、この2点を意識してみると、
黒を選んでしまうウィンターさんもおしゃれをもっと楽しむことができます。
ぜひ試してみてくださいねニコッ♪



ウィンターさんに限らず、冬になると、
全身黒尽くめの方がとても多く見られます。

 黒のコート、黒のブーツ、黒のマフラー、黒のバック…

一瞬「カッコいい?」って思ってしまいそうですが、
やはり寂しい印象になってしまいます落ち込み
黒が得意なウィンターさんでも寂しい印象になってしまいます。

お仕事のために、黒を使用しなければならない方はメイクコスメでカバー。
黒に限らず色を自由に選べる方は、ぜひアクセントカラーrainbow
おしゃれの幅を広げてみてくださいね。





イメージコンサルタント 三島 美樹


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
1日1クリックで本ブログの応援もよろしくお願い致します。
 にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ 人気ブログランキングへ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。