お知らせ
new
------------------------------------------------------

イメージコンサルティングが気になったら、こちらをクリック!

      お申し込みはこちら

      お問い合わせはこちら



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
休日に友人の結婚式ベルがあり、京都に行って来ました。
名古屋では、親族でも留袖を着ることが少なくなってきましたが、
さすが京都kao08
親族のおば様方の多くは、留袖を着用されていました。
黒の留袖は格調高く、会場全体が品良くなりますねニコニコ。 横向き


さて、日本での冠婚葬祭では、ブラック(黒)が一般的に着用されます。
留袖だけでなく喪服も黒。男性もブラックスーツを身につけます。

しかし、“黒”は「冬」の色クリスマスツリー(´ε`)ノ赤い飾り(白い背景用)

「冬」以外の方は、どうしたらいいの・?
と思ってしまいますよね。


でも、心配することはありません。
音符髪の色も目の色もダークな日本人は“黒”を上手に着こなします
「冬」以外の方には、やや強すぎる場合がありますが、
あなたのパーソナルカラーのメイクコスメをすれば、
あなたのお顔がパッキラキラと明るくなり、
苦手な方でも黒をステキに着こなすことができます
笑い。


どうしても黒を着なければいけない時は、
人差し指パーソナルカラーのチークや口紅を
普段よりもやや濃いめに付けて下さい

可能であれば、ネックレス、イヤリング、スカーフなど、
お顔の近くにパーソナルカラーを持ってきましょう。





私自身も、今回の結婚式は着物を着て参加しました笑顔
私のパーソナルカラー「秋」とは異なり、「春」色の色無地です。
手持ちの着物の中で、結婚式に着られる格高い着物は、
ほとんどが“ブルーベース”落ち込み
そのため、唯一の“イエローベース”星
6月直前、夏の季節にも合うように明るい色の着物をチョイスしました。

「秋」の私には苦手な号泣明るめのオレンジシャーベット色の着物ですが、
着物の明るさに負けないようにファンデーションをやや暗めにして、
チークや口紅は「秋」色を少し濃いめに付けました。
さらに、帯や帯締め、ヘアアクセサリーを「秋」色に紅葉
これだけで、十分に華やかローズ2になります。



もし、どうしてもこの色を着なければいけない・・・
となってしまったときは、メイクコスメ、アクセサリーネックレス
パーソナルカラーを活かしていきましょう。
苦手な色でもステキに着こなすことができますよ
グー!




イメージコンサルタント 三島 美樹


スポンサーサイト
こちらのキャンペーンは終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。





イメージコンサルティングを受診してみたい...
と思っていらっしゃるご家族・ご友人をご紹介ください
笑い。

募集期間: 2009/6/1(月)~2009/7/31(金)


ローズ---既に受診済みのお客様---ローズ2
イメージアップしたあなたから、ご家族・ご友人をご紹介ください。

◎ご紹介で受診される方の特典
  通常価格より、\2,000割引致します。

◎あなた(ご紹介者の方)の特典
  受診後に\2,000分の商品券をプレゼント致します。


ローズ---まだ受診されていないお客様---ローズ2
もっと輝きたい...とイメージアップを目指すあなたと
一緒に受診されるご家族・ご友人をご紹介ください。

◎あなたとご友人の特典
  通常価格より、\2,000割引致します。




※女性向けコースの場合、
  通常価格 \30,000 (+消費税\1,500)
          矢印
  割引価格 \28,000 (+消費税\1,400)

※男性向けコースの場合、
  通常価格 \26,000 (+消費税\1,300)
          矢印
  割引価格 \24,000 (+消費税\1,200)




●応募方法
本ブログ右メニューのメールフォームからご応募ください。
または、color.mikiweb@gmail.comに直接メールをいただいてもかまいません。

詳しい応募方法は、こちら(申し込み方法)をご覧下さい。
※ご希望コースに「ご紹介キャンペーン」と明記下さい。


前回のブログsai.wingpenで、「色」の印象と「デザイン」の印象の
違いについて、少しだけ触れましたクローバー

今回は、「色」の印象「デザイン」の印象について、
もう少し詳しくお話いたしましょう。


「色」には、三つの属性の違いから印象やイメージを
与えてくれる心理的な効果があります。

          (「三つの属性」について、詳しくはこちら→

例えば、
色相: 赤は暖かい、青は冷たい
明度: 明るい色は軽い、暗い色は重い
彩度: 鮮やかな色は派手、鮮やかでない色は地味

といった印象になります。
これは、誰でもほぼ同じ様な印象を持ちます。

では、このような色の印象をパーソナルカラーに
当てはめて見ましょう。

ふたば 春・・・明るく若々しいイメージ
flower2 夏・・・ソフトで優しいイメージ
紅葉 秋・・・シックで落ち着いているイメージ
クリスマス 冬・・・ビビッドでクールなイメージ

ここで注意が必要になります。
診断されたパーソナルカラーは、色のイメージであって、
あなたの外見、性格etcを含めた、
あなた自身のイメージではないということです
ガーン2

例えば、「冬」の場合、色のイメージは、「ビビットでクール」ですが、
冬の方全員が、クールでシャープなデザインが似合うかと言えば、
それは違います
柔らかい素材やかわいいフリル・レースがお似合いの方もいらっしゃいます笑顔

当方でコンサルティングをされたお客様にも
ビビットな色がお似合いですが、
お顔の印象は甘く、フリルがとてもお似合いになる
「冬/ロマンス」の方がいらっしゃいました。

その他にもシックで落ち着いた色がお似合いなのに、
少年ぽく、個性的なデザインがお似合いになる
「秋/キュート」な方・・・

つまり、イメージアップには、パーソナルカラーだけでなく
パーソナルデザインと組み合わせることが必要なのです
グー!


パーソナルカラーは知っているのに、
自分のファッションに自信がない・・・落ち込み という方は、
洋服のデザインについて考えてみるといいかもしれません星


パーソナルカラーで輝いていると納得されている方も
まだまだ、魅力は半分で、“最強見た目”を逃しているかも...
kao05




イメージコンサルタント 三島 美樹


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。